南西向き、日照時間の短いベランダで植物栽培をしています

ブールドネージュの挿し木を鉢上げしました

2020/07/11
バラ
6月10日ごろに剪定した枝を挿しておいたブールドネージュ
挿し木のやり方は2018年4月11日の記事にまとめています

DSCF9486.jpg

7月10日
一週間前は何もなかったのに、根が見えてきていました
花後の枝を使うこの時期の挿し木が一番時間がかからずよいですね

これまでハサミやカッターなどで頑張ってみたものの、お茶パックはかなり強いので、根を傷めずに破ることは無理でした
不織布を突き破った根が多くなるとそれだけたくさん切ってしまうことになるので、このくらいで鉢上げしましょう!
DSCF9484.jpg

お茶パックを止めていたゴムをカッターで切り、お茶パックもなるべくカッターを入れて根を残らせるように頑張ってみて(も結局とれちゃう)から外し、根が切れないよう枝を指で挟んで抑えながらボトルをひっくり返して土を落とします
お茶パックをやめてキッチンペーパーを二枚重ねにして使ってみようかな、と今思いつきました
師匠によれば百円ショップの排水口ごみ用のあみがよいそうです
網目が伸びるのでよさそうですね
DSCF9491.jpg

ペットボトルの口部分には根があるので無理に土を落とさず、水の中に入れて軽くふってあげると・・・
DSCF9489.jpg

簡単に土だけを落とすことができます
DSCF9494.jpg


ポットに植え、支柱を立てます
苗を置いて土をかけるまえに、支柱を立てる場所を決めるために根がない位置を確認しておきましょう
支柱でせっかくの根を切ってしまったらもったいないですから
DSCF9495.jpg

ペットボトル式挿し木は、じつは根を出すまでは簡単です
きちんと手順どおり挿せばあとは水位だけ気にしていれば大丈夫
本当の勝負は鉢上げしてからになります、このまま半年ぐらい動かない苗もあります
枯れてしまう苗もあります


これは野菜ジュースが入っていたペットボトルです
このあたりでカットすると、座りの良い挿し容器になりますよ
カッターでハサミが入る程度の切れ込みを入れて、ハサミで切っていきます
カッターがボトルに刺さるまでは刃が滑ったりして危ないのでご注意を
私はまな板の上にボトルを置き片手で押さえたら、自分のおなか側に来る面の半分より下あたりから下向きに刃を入れています
DSCF9509.jpg

関連記事